忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネタもないので、最近観た映画でも。

「真夏の方程式」

ずっと以前の事だったので、既に消滅してしまった旧頁の方に書いた事柄かもしれませんが。

徳永英明と角松敏生(大沢誉志幸だったかも?)の区別が全くつかない(汗)。

と、記事にした記憶があるのですが。

もうね。

その時点で。

実は、福山雅治と河村隆一の区別がつかねぇ!

だったんですねぇ・・・実は(爆)。

先日、と云っても少し前ですが、テレビを騒がせたローラなる女性の父親も。

「あれ?この前テレビで出てただろう?親子で。オイラ見たゾ。

そんな雰囲気じゃなかったのに」

て。

よく考えたら。

そりゃベッキーじゃないか(爆)。

固有名詞が崩壊状態って、そろそろ危ないのかなw

リアルの知人は、偶然街で出会って空×ジ・Oに声をかけた時に。

ネットでの友人はコメントなどと頂いた時に。

「どなたでしたっけ?」

なるフレーズが飛び出すのも、そう遠い話ではないかもw

閑話休題。

で。

映画の感想ですが。

前作のXの時は、ええもん観たなぁ!と、劇場を出て速攻で本屋さんに立ち寄って原作本を購入したのですが。

今回は、そんな気分にはなりませんでした。

ペットボトルロケットを飛ばすシーンなどは好きなのですが。

ああ云うのを深い愛情と呼んで良いものか如何か。

気持ちは分かるのですが、エゴに根ざした愛情・・・と云う気がしないでもなく・・・

あまり感情移入できませんでした。

愛情による負の連鎖を題材にしているのだろうか?もしかして(大間違)。

取り敢えず、今回の犯人は、頭は良いけれど薄汚れた中年親父の足元にも及ばなかったものと思われw

それでも、先日まで放送していた破壊力満点のTVシリーズに比べれば珠玉の出来栄えかと。

スタッフ違うのかな?

チェックしてないし、する気もないけれど。

同じならば奇跡的な佳作。

デッキが一杯になっても見ていなかったので、全部焼き付けてから通して見たのですが。

円盤を思い切り無駄遣いしてしまった(爆)。

だって、あのTVシリーズの二作目。

数式各意味ないじゃん。

普通に警察が型通りの現場検証すれば、ほとんどの事件が解決しているじゃん。

杉下右京なら相棒なしで、単独で、楽に解決していいる程度の事件。

まぁ、鑑識の力は必要不可欠ですが。

最後の事件で、全編を通してヒステリーを起こしていた女性刑事が「私たちには何もできないの?」とかセリフを吐いたシーン。

思わず。

「お前ら警察は何もしてなかったじゃないか」

と、突っ込んでしまった(爆)。

TVでは水戸黄門の印籠に近い扱いの数式シーン。

映画では二作とも出てきませんでした。

別になくても全然構いませんが。

嗚呼。

一番、印象に残ったのは。

面会シーンでの風吹ジュンが何処から如何見ても、キキキリンにしか見えねぇ!

だったとは、口が裂けても言えない(小声)。

因みに、映画と云えば、アレ。

TVなどでは特番まで組んでPRしているあのお爺ちゃんの映画。

観に行くべきか、行かざるべきか。

気にはなるんですけれどねぇ・・・

あのお爺ちゃんの映画、ほんとぉぉぉ~~~に嫌いなのです。

具体的に何が如何か?ではなく。

もう、根っこの部分で感性が合わないとしか云い様がないくらいに。

「もののけ」以降ですね。

あ、この人。絶対に自分には合わない。と、如実に感じるようになったのは。

でも、この作品から一種のステータスを国際的に確立したわけだし。

空×ジ・Oの感性がズレているのでしょうがw

などと云いながら。

結局。

全部、観に行ってますが(マテ)。

トトロまでの人だろ?あの人??

と、思いながら、流行には疎いけれど映画のハヤリには抗いがたい流され易い体質故に。

でも、大学の頃に柳田邦男の「零戦燃ゆ」読んで、ものすごく感動したキヲクがあって・・・

それをあのお爺ちゃんが映画にしたとなると、観たいやうな。

絶対に観たくないやうな。

ついでに、堀越二郎は分かるけれど、堀辰雄って誰やねん?と、思ったら。

小説「風立ちぬ」の作者だったのですね。

オヂサンの時代では山口百恵の(ヲイ)。

て。

高校生の時、読んだわ。。。原作。

と、云うか。

高校の時の国語の先生が必ず試験の度に、本を一冊読ませるのです。

100点中20~30点分くらい、指定した本の中から出題するのです。

出題内容は本を読んでいれば、誰にでも分かる簡単な問題。

でも、読んでいないとサッパリな。

多分、三年生の時の試験に出たのが「風立ちぬ」だったはず。

一年の初めての試験で「暗夜行路」を読まされた時は、コイツは鬼か!とも思いましたがw

う~む。

それでいて「風立ちぬ」で堀辰雄が全くピンと来なかったとは。

やはり・・・

「どなたでしたっけ?」

の領域にどっぷりと足を踏み入れているのだろうか(汗)。

はぁ。

昔、昔も大昔の話だから、洒落で済む範疇でしょう。

で、数日前。

テレビをつけたままの状態で、スマホでゲームに没頭していたら。

「名もなき毒」

なる番組が流れていたんですねぇ・・・

これは・・・多分、数ヶ月前に読んだばかりの本なのに・・・

内容、ほとんど覚えてねぇ(汗・汗・大汗)。

これは、加齢が原因であちらの領域に足を踏み入れている。と、云うよりは。

単に、空×ジ・Oが恐ろしいほどに、刺激的かつ驚異的なほどに。

物忘れが激しい!

と、云うだけの事柄なのかも。

いぁ、良かった良かった。

て。

本当にそれで良かったのか???




拍手[1回]

PR
ぶわぁぁぁ!!

気が付けば10月も一週間が経過しています。

随分と更新をサボたものだと我ながら感心したりして。

はい。

ちゃんと生きてます。

が。

ゲームに夢中だった御蔭で、ネタが・・・ない。

以前ならばどんな些細な事柄でも、粉飾・虚飾に脚色を加えて面白可笑しく更新するネタに仕上げたものですが・・・

あ。

別に全然面白くないじゃん。

などと云う、至極真っ当なツッコミはこの際置いといてw

暫くネットから離れていると・・・ダメだ・・・ネタがない・・・

と、云う事で。

観た映画でも。

て。

これは確か・・・お盆休みの頃に観た映画だから・・・8月に上映されていた作品w

おおかみこどもの雨と雪

雨と雪って・・・

子供の名前だったのか!

クレしんだ!

カッパだ!

と、思って観に行ったら。

あれはGじゃない原監督で、此方はサマーヲォ~ズだったのですねw

普通に狼子供がそれぞれに生まれてから巣立つまでのおはなし。

本当にそれだけの話。

これは・・・

何処にでもいる平凡な学生オネ~サンでも母親になると女性ってすんごく強くなる・・・と、いう映画(大間違)??

如何しても、とっしょりは親視線で見てしまう。

別に子供いないけれどw

でもなぁ・・・

よくアニメって口があってないから見ていて凄く違和感があるから大嫌い。

などと云う映画ファンを知っているのですが。

あんなもの見に行く人の気がしれない!なぁ~んて。

ぢゃ、最近流行りの吹き替え版や、TVで放送される洋画の立場は?と、突っ込みたくなるが。

でも、そんな人の気持ちがちょっと分かったりして。

映像は綺麗なのに、背景が動いていないシーンが目に付いたり。

一体何時のアニメだ。

999の時代か?

と、言いたくなる気分。

それに、アバウトな空×ジ・Oが見ても動きにしっかり違和感を感じるくらいに動画がおかしいシーンもいくつか目に付いたりして。

嗚呼、なるほど。

こんなぎこちない動きをスクリーンで見たら気持ち悪いわ・・・と、アニメ嫌いの人の言っていることに思わず納得w

ダークナイト・ライジング

チケットを購入する時に思った事。

上映時間、長!

まぁ、今回のシリーズは全二作とも好きだったし、上映時間が長い文だけ得した気分♪

などと思ったら・・・

なんだか最初はまどろっこしい展開。

デント法で犯罪者を押さえつけて街に平和が続いている状態からスタート。

しかし、このデント法が如何なるものなのか、全く全容が掴めない。

なんだか居心地が悪い。

ウェインもほぼ引き籠もりヲヤヂ状態だし。

最初はこのままど~なるんだろう。

この展開で長時間座りっぱなしは拷問だ(汗)。

などと思っていましたが。

ストーリーは途中から加速をつけて展開して面白かったです♪

でも、なんだかもうひとつ物足りない気分が。

何だろう?

と、今になって考えてみたら。

前作との悪役の差が出ちゃったのかなぁ・・・と。



やはり、この人の存在は凄かった。

個人的には、レオンのゲイリー・オールドマンと双璧だと思う。

イカレ具合では処刑人のポール・スメッカーも大概なものだが、敵役ぢゃないし。

でも、個人的に敵役と云えば・・・



この人を抜きには語れない。

て。

ノロイ。

人じゃないし(爆)。



拍手[0回]

観て来ました。



立ちニャンコ映画。

好みの映画でした。

途中、何度も眠たくなりましたが。

と、云うか。

ぶっ飛んでいて、寝ていたのか醒めていたのか分からない(爆)。

帝都大戦みたいな街並みが出ていたのは・・・アレは夢だったのか(爆)。

あれ?この場面は・・・銀河鉄道の夜を観に来ていたんだっけ?自分は??

あれらは、半分眠っていたのかもしれませんw

この映画、あまりに評判悪かったのでスルーしようと思ったのですが。

ニャンコに釣られて足を運んでみれば・・・

始めの内は主人公が「かんぱねるら」にしか見えなかったりして(爆)。

評判の悪いのも納得できるのですが・・・

多分、テーマが原作と全く違うのですから、それに突っ込んでも・・・と、云う気がするような(汗)。

妹の描き方、原作と全然違うが・・・ここ変えちゃって良いの??・・でも、映画の方が好きw

人さらいならぬネコさらいの不気味おじさん、好きかも♪

うん、あのオヂサンはネコよりカラスのほうが似合っていそう♪

ラストで主人公の葛藤が(あえて)ほとんど描かれていなかったり。

オヤジさんの歌声とか原作の影響でバリバリの自己犠牲は崇高だ!映画を予想して観に行ったんですが。

それが、今日まで観に行かなかった理由の一つでもあった訳ですが。

これ絶対に自己犠牲などをテーマにした映画ではありません・・・多分ね。

ぢゃ、テーマは何かと問われれば・・・分からない(爆)。

曖昧な表現を駆使して行間の余韻を読者に想像させようとしていた(と、勝手に思っている)原作の余白を自由な発想で壮大に描いたファンタジーと、云う印象。

今度、眠気に誘われないように観直してみようと思うのですが。

空×ジ・Oの好みだから抽象的で良く分からない映画です。

人には勧めないかもw

他にも色々観たい映画が公開されるしなぁw

嗚呼。

今まで映画なんて仕事終わった後に歩いて観に行くものだと思っていたのに、バスや電車でお出かけしないと映画館に辿り着けないなんて。

こう云う時に、自分は長年住んでいた所から引越しをしたのだと実感する。

あ。

音楽良かった。

サントラ買おうかな♪



パンフ。



これは、押入れから引きずり出してきた。

銀河鉄道の頃に購入したものだから・・・一体、何年前の代物だ(汗)。

布団に入ったら読み直してみようと思うのですが・・・

そのまま寝たら、『ちょび』助にズタズタのボロボロのバラバラにされちゃうゾ確立がおそらく80%を超えそうな気配w


拍手[0回]

GWにまとめて観た映画。

英国王のスピーチ

アカデミー賞とったし。

予告編観てものすごく面白そうだったから、楽しみにして観に行った。

予告編が一番面白かった(爆)。

英国史上、最も内気な国王と言われたジョージ6世。

吃音と云うコンプレックスを持ちながら、なりたくもなかった国王になり、ハンデを克服してナチスドイツとの開戦を前に国民を勇気付ける為の演説を行うと云うもの。

ネタばれになるけれど。クライマックスで挑むスピーチはラジオ放送。

当然、マイクに向かって原稿を読むだけ。

周囲は感動していたみたいだけれど、空×ジ・Oはギャグにしか見えなかった。

史実の映画化だから仕方ないかもしれないが、生で国民の前で演説するとか、途中で原稿かなぐり捨てて吃音が出ても良いから自分の言葉で演説する方が空×ジ・O的にはぐっと来るのだが……

はい、はい。

根っからの変わり者ですから、空×ジ・Oは。

でも、演説のド下手糞な国王が居ても、それはそれで愛嬌があってイイヂャン♪と、云う気もするのだが。

上っ面の言葉ばかり格好良かったり、パフォーマンスばかりが上手い国王より。

でも、家の田舎の市長選とか、先日の知事選とか、今の国政を見るに……

極端に云うなら、こんな人が求められているのだろうか。

ここまで分かりやすいとカモフラージュ出来ないから何だけれどw



空×ジ・Oはキャラ的に、「ガルマ・ザビは死んだ!何故だ!」のところで「ボ~ヤだからさ」と嘯いてみたり。

最後に「何を言う!ザビ家独裁を目論む男が何を言う!」と叫んでみたり。

そ~んな感じなのでしょう。

勿論、気弱でヘタレだから口には出せず、人の輪から遠ざかった場所で心の中でw

3D 豆富小僧

妖怪は可愛かった。

人間はどれも不気味だった。

う~む。

アニメで3Dって必要なのだろうか?

ストーリーは……ど~でも良い筋書き。

嘗て妖怪大戦争で妖怪は争ったりしない!と、妖怪同士の戦闘を一切拒否して看板に偽りあり状態にした作者がよ~くこんなストーリー展開を許したな。

GANTZ PERFECT ANSWER

ガンツ パァヘクト アンサァ

観て来ました。

前作で、どんな創り方しても面白くなるだろう「おこりんぼう星人」のエピソードをあんなふうにしてしまった映画スタッフ。

地雷臭漂う中、覚悟を決めて観に行ったのですが……

がんばってっましたよぉ。

ただし、今回の敵は全部等身大の人型星人。

二宮くんと松山くんが袂を分かって対決するような予告でしたが、その点はほぼ詐欺に近い展開かとw

途中で結末を予想して、こんな展開だったらアホの空×ジ・Oでも予想がつくし、こんな終わり方ならイヤだな……と、思っていたら……

本当にその通りになりやがった(爆)。

唖然としていたら、後ろの席の元オネイサンが泣きながら洟をすすっていた。

ふむ。

ここは泣くシーンだったのか(汗)。

まぁ、空×ジ・Oのお臍の位置がちょっと変な所にあるのでしょう。

劇場を出るとき、若い女の子が二人会話していた。

「○○くん、死ぬの早過ぎ。あっけない」

「でも、その後で出番が多かったから」

○○くんはよく聞き取れなかったのですが、おそらくはNISHIくんを演じていた人のことでしょう。

その時、漸く分かりました!

そうか!

これはアイドル映画だったのか!!

アイドル映画と云うとらえ方をすれば、これはものすごく予算のかかった、スケールの大きな映画です(ヲイヲイ)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆



閑話休題。

絵心のない空×ジ・O。

手近にあったメモ用紙に鉛筆で走り書きしてみました。

イクチオステガなる原始四肢動物。

下手なコメント入れてしまったので、自分のイメージするものを走り書きしてみようと(汗)。

絵なんて何年も前のハロウィンイラスト以来描いてないから、久々に描こうとすると全然無理。

速攻削除ものですねw
 

拍手[1回]

今日は、にゃ~ごや市美術館まで「ゴッホ展」を見に行きました。

連日、物凄い賑わいらしく、平日でも行列ができると云うので、早起きして9時にはチケット売り場に並ぼうとw

実際、あ~だこ~だとグズグズしていて、到着したのは9時半過ぎだったんですがね。

10年近く前にゴッホ展をやった時は見に行ったのですが、数年前に多分、地元で一番大きな美術館である県美術館で開催された時は、10階にある筈なのに二階の出入り口前に行列が……

「チケット売り場まで50分待ち」のプラカードを見て、そのまま帰って来ました(爆)。

その意味でも、気合を入れて見に行ったら……

あででぇ……

平日でも行列ができていると云うのに、美術館の側は閑散としているゾ。

連休を避けて今日来て正解だったかな?

それにしても静か過ぎる印象が……

こう云う施設は、確か月曜休みだった筈、今日は火曜日……

と、そこまで考えて。

あで。

月曜日が祝日の時は、翌火曜日が定休日に(汗)。

でも、折角ここまで来て休みだったらブログのネタにしかなりゃしない(汗・汗)。

美術館の正面玄関まで辿り着いた時点で、人影は数えられるほど(汗・汗・汗)。

オバサンが一人、がっかりしたように空×ジ・Oとすれ違いました。

続いて一組の若いカップルが……

そして、チケット売り場が見える地点まで足を進めた空×ジ・Oの目に飛び込む「本日休肝日」ぢゃなくて「休館日」の大きな立て札。

オリャー!!(ノ-o-)ノ ┫:・’.::・

そのまま、サカエ近辺を徘徊しようとも思ったのですが、徒歩圏内にある県美術館は先週行ったばかりだし。

見てきたのは、カンディンスキー。

「カンディンスキーと青騎士展」をやっていました。



お仲間(?)のクレーなんかは分からないなりに、こ~んなことがしたいんだなぁ、とか。

こ~んなものが描きたいんだなぁ……などと、なんとなく分かるような気がするのですが……

この人はサッパリです。

結局、そのままお昼前には地元の地下鉄駅まで戻り、ホームセンターに立ち寄って『ちょび』助のおやつを山ほど買い込んできましたw

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

日曜日にお城に梅を見に行った後、足を伸ばして観た映画は「わさお」。

不細工だけれど可愛いで、人気者になったワンコ。

そのワンコの人気に便乗して作られた映画。

設定は実際のわさおとは全然違いますが、映画ではわさおがわさおを演じています。

クマをも倒すハイパーワンコとして。

ストーリーは……ど~でも良いです(爆)。

意味が分かりませんから(ヲイ)。

空×ジ・Oは人様よりもちょ~っとばかり考える力が足りないのか、メインになっている子役とわさおのストーリーと、地元で開催されるトライアスロン大会、それにその後夜祭の三本の繋がりが全く分かりません。

わさおとトライアスロン……全然関係ないぢゃん!

クノ真紀子懐かしいw

これは、よくあるアイドル映画のワンコ版として観るのが正しい鑑賞方法かと(爆)。

この映画の場合、アイドルがイケメンのおに~ちゃんや綺麗なオネ~チャンでなく、ワンコだった。と、云うw

だから、ストーリーや演技に突っ込みを入れてはいけないのかと。

いぁ、脇を固める役者さんはきちんとした人たちばかりだし、わさおも素人(人!?)とは思えない演技をしていましたw

でも、この手の映画に出てくる子供って、何であんなに鬱陶しいんだろう?

クマが出るって大騒ぎしているのにワザワザ山の中に入り込んで。

「良かった。良かった」ぢゃなくて、ああ云う子供を叱り倒すくらいのヲトナが一人くらい居ても良さそうなものなのにw

見終わった後……ちょっと後悔。

でもネタになるから良いか♪

拍手[0回]

Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]