忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近、ネットで話題になっていると言うので、とある動画を見てみた。

銀座の歩行者天国でいきなり数十人が動きを止めるという大規模オフのムービーを
以前紹介したが、大阪でも同じ企画が行われたようだ。道頓堀のひっかけ橋と
京橋駅前の広場でのムービーが公開されている。周囲の人たちのリアクションも楽しい。

などと、紹介されていたが・・・

沢山の人が一塊になってフリーズしているだけで何が面白いのだろう?

邪魔なだけ(爆)。

周囲の人のリアクションも楽しいって・・・自画自賛して・・・画像を見ている分には微妙に白けた空気が流れているような気がw



銀座の歩行者天国を先に紹介したと記事にあるから、其方も探してみた。



鐘に合わせて動き出すのがお洒落w



元ネタはこれか・・・。

静止するにもセンスと云うかポーズが重要?

急いでいる人の邪魔にならないように適度に散らばって各々が様々なポーズをしているが・・・これは見ていて楽しい(爆)。

ポジションと云いポーズと云い、しっかりと計算されているような気がするのだが・・・こう云うお遊びにプロっているのだろうか?

「邪魔だぁぁ!」

と、途方に暮れているカートのオヂサンを無視して止まっている辺りはプロ魂(違)。

何より、こう云うのってカメラアングルが大切なのだと実感。

でも・・・面白いか?・・・こう云う事してw

嗚呼。

O~sakaで固まっていたのは・・・おっかない人が多いから、クレームが来た時に離れていたのでは(以下自粛)。

どうせなら、通勤ラッシュ時の新宿駅でやらかせば・・・きっと、お巡りさんと楽しいお話が出来そう(爆)。

日本では若い人たちばかりなのに、元ネタになった画像は老若男女問わずに参加している気がする。

やるな!海の向こうのオヂサンにオバサン・・・ノリが良いw

(いあ・・・とっしょりに見えるだけかも(爆))

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ゆとり教育

急いでいないときだったら楽しいかもしれません!
でも、急いでいるときだったら蹴飛ばすかもしれない……。

いつでも心にゆとりを持てる大人になりたい。
ゆとり教育を受けた子どもたちはノリがいいのかしら?

おっとり教育

こんにちは、新人編集者様。

多忙な敏腕編集者は年がら年中忙しい御様子。拝見したあのしなやかでなが~~~い足で蹴り飛ばされたら(汗)。
ゆとり教育は大失敗だった様子ですが・・・ネット上ではスイーツ脳とか持て囃されている分、ノリは良いのでしょうかwしかし、それを是正して新たな教育体系を組み直そうとしているのもゆとり教育を自信を持って推進した人たち?もしかして??一番の被害者はそんな教育を受けた子供たちだったりして。
因みに空×ジ・Oは心にゆとりがない割にはゆるゆるで緊張感がなく、困っています。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]