忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write

少し前だが、大人が見て感動して特に泣ける映画ベスト30と云うものがあった。


1位「タイタニック」(1997)          16位「ある愛の詩」(1970)
2位「アルマゲドン」(1998)         17位「ローマの休日」(1953)
3位「ゴースト~ニューヨークの幻」(1990)18位「マディソン郡の橋」(1995)
4位「グリーンマイル」(1999)        19位「スタンド・バイ・ミー」(1987)
5位「ショーシャンクの空に」(1999)    20位「愛と青春の旅立ち」(1982)
6位「アイ・アム・サム」(2001)       21位「アポロ13」(1995)
7位「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998) 22位「レナードの朝」(1990)
8位「E・T」(1982)              23位「きみに読む物語」(2004)
9位「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989) 24位「ロミオとジュリエット」(1968)
10位「シンドラーのリスト」(1993)     25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
11位「フォレスト・ガンプ」(1994)      26位「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)
12位「戦場のピアニスト」(2002)      27位「街の灯」(1931)
13位「A.I.」(2001)              28位「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
14位「シザーハンズ」(1990)        29位「哀愁(1940)」
15位「クレイマー・クレイマー」(1979)   30位「ミリオンダラー・ベイビー」(2005)

一位が「タイタニック」・・・ガムシロップをドラム缶一杯頭から被ったようなベタベタな結果・・・。

二位・・・「アルマゲドン」・・・。

嘘!!
「アルマゲドン」ってコメディ映画ぢゃなかったの(マテ!)。
見るとIQが確実に30は低下するとか云う謳い文句の(コラ)。

三位の「ゴースト」は如何にも女性をターゲットにした印象。

「グリーンマイル」なんて、感度して泣くより後味の悪さばかりが残る気が・・・。

「ショーシャンクの空に」は、空×ジ・Oの最も好きな映画だけど・・・感動はするが、一体何処で泣くのだろう(爆)。見た後にガッツポーズとりたくなる映画。

「ニューシネマパラダイス」のラストは確かに全然哀しいシーンなど無いのに涙腺が危なかったw

「戦場のピアニスト」って・・・嫌いな映画だ(爆)。

面白いのが「シザーハンズ」が入っている点。
これ多分・・・ジョニーデップがブレイクしてなかったら絶対に圏外だろう。
上映された時なんて、家の田舎では繁華街の映画館は「ホームアローン」のオマケ的扱いで、朝一回のみの上映だった。
ちょっと、郊外まで足を伸ばせば二本立てだったけれど、飽くまでついでの上映。
映画としての完成度は「シザーハンズ」の方が「ホームアローン」よりずっと高かったのに此の扱い。

いっそのこと、感動して泣く映画ランキングと一緒に興行収入も明記すれば面白い事になっていたかもw

「AI」見て泣く人って居るのか・・・凄い感受性だw
空×ジ・Oは、見終わった後、物凄くあらゆる意味で腹を立てていたんですが(爆)。

「スタンドバイミー」だって郷愁は感じても感動して泣けなかったし・・・原作よりは面白かったけど。
でも、此の映画・・・印象に残っているのが、ヒルにアソコ食いつかれるシーンと吐瀉シーンつて(大汗)。

「ミリオンダラー・ベイビー」とか「ダンサー・イン・ザ・ダーク」って・・・泣いてちゃ駄目だろ、その前に憂鬱にならないと(違)。
と云うか、泣けるには泣けるんだろうけれど、泣くだけでは済まされない映画。

「アポロ13」も良い映画だけど・・・一体何処で泣く??

って云うか・・・ハリウッド大作でないと泣かないのは?

それとも、クレヨンしんちゃん観て、危うく泣きそうになった空×ジ・Oが感性が人とはずれているのだろうか(爆)。

・・・多分・・・それだ・・・。

映画なんて、作品もそうだが、それ以上にどんな状況で観に行ったかで全然印象が違ってくるし。

だから、映画としてはケチョンケチョンに貶されている「バスキア」なんて、空×ジ・Oは何度観ても泣きそうになる。

未だに、あアレを観に行った日の事は鮮明に覚えているし。

犬の散歩中、野良猫の襲撃を受けてポメラニアンが負傷して、母親と喧嘩して外出した後「バスキア」観て、夕立の中、傘も差さずに歩いてパチンコ屋さんに行って、閉店まで粘ってから、ファミレスで一人寂しく食事を済ませて、最終の地下鉄に乗って帰宅。

・・・若かった・・・あの頃は(爆)・・・。

引き籠もりの今とは大違い。

休みの日にはじっとしている事が罪悪のように思えて、兎に角、動き回っていないと気が済まなかった。

・・・ならもっと建設的に動き回れよ・・・とも思うのだが(爆)。

反対に、「幸せのちから」など、ウイル・スミスの子供が親を凌駕する演技力などと感心しながら、ビンボ~のどん底から這い上がって最後には幸せになる何てベタ過ぎる!と、途中からクライマックスでとんでもないアクシデントが起きて、此の親子がまた不幸とビンボ~のどん底に落ちた方が映画として面白いのに(殴)。などと一生懸命にそうなる事を祈って映画を観ていた。

うん。

空×ジ・Oは涙腺もずれているが、性格も悪いようだ。

臍の付いている位置が、人と違っていたりしてw

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

映画館ってあんまり行かないけど・・・

TVで放映されてるのは良く見ます(^-^)
「ライフ・イズ・ビューティフル」とかは結構最後のほう、グっと来るものがありましたよー。
「シンドラーのリスト」も最後のほうで「あと一人でいいから助けたい」みたいなセリフをいうとこでちょっと涙目に!
「ショーシャンクの空に」は私も好きです♪ガッツポーズとりたくなる気持ちわかりますよー!
「フィールド・オブ・ドリームス」と二本立てでやってた「オールウェイズ」っていう山火事消防士の人たちの話が
あるんだけど、それが号泣でしたよ。オードリーがちょっとだけ天使の役で出てたv
でも時々夜中にやってるB級っぽい映画でもいい作品ありますよね。

うぞ!

なぜタイタニックが1位なの?
映画館まで観にいったけど、泣けるどころかストーリーさえもよく覚えてない……。
いやいや、そのときはちゃんと起きてました。シラフでした。昼間でした。
ちなみに私が好きな映画は「エクソシスト」と「シャイニング」。
見た回数が多いのもこの2作品です。なんだかなぁ……。自分で書いててむなしい。

消防士と云えば!

こんにちは、NONAME様。

って、多分・・・A様っぽい印象ですがw
良いなぁ♪ 確か、家の田舎では二本立てではなかったような記憶が・・・<オールウェイズ。
スピルバーグ作品なんですよね。
自分の頭の中では「ゴースト/ニューヨークの幻」と完全に被っていますが、此方の方が先だった筈。
消防士と云えば「バックドラフト」なんですが・・・アレも、家の田舎ではアーノルドシュワルツェネッガーの「キンダガートン・コップ」のオマケ映画でした。泣けたのに今ではあのテーマソングが流れると何故か昔流行った料理番組ばかりが思い浮かぶw
夜中にやっているB級っぽい映画、好きです♪特にツッコミ処満載の『オバカ』映画とか『ヴォケ』映画とか(コラ)。

ぞぞっ!

こんにちは、新人編集者様。

うぞ!
自分も「タイタニック」一位には異を唱えたい一人ですが、アレは完全にヲトメ向け号泣映画・・・だと思うのですが・・・。

嗚呼。
好きな映画は「エクソシスト」と「シャイニング」・・・某イソラ様なら映画館行かなくても、普通にその手の映像を見ているよな(爆)。
もしかして、完全に波長とキャラが合ってたりしてw
て、完全に夢か幻として普段の生活から忘れ去っているあの『膝を抱えて蹲っている人』・・・エクソシストの一言で思い出してしまった・・・クゥ~。後に尾を引くな、ああ云うの(笑)。

しかし、そのときはちゃんと起きていて、シラフで、昼間で、泣けるどころかストーリーさえもよく覚えてないのに、ちゃんとレビューを書いてしまう所は・・・流石プロです!!

あっ、しまった!

名前入れるの忘れてました。いつもは自分で入力しなくても普通にNAME欄にアワってはいってるからうっかりでした(汗)
でもA・・・って、私のことですね。よくわかりましたね、鋭い!

さういえば

こんにちは、アワ様。

そうですよね・・・自動的にNAMEを記憶している筈なのに・・・何故、表示されなかったんでしょう?
因みにNONAME様にコメントを返した時、前のが残っていて『まこ』オバサンの名前で返信した為に書き直しましたw

船上のピアニストなら好き

このリストに船上のピアニストがないとは。。。あれー?
( ニューシネマ・パラダイスの監督です )

しかし上位がなんともコテコテ・・・
小中学生の感動した映画かな? 
涙もろい私のこと、全部ちょびっとは泣きましたけれど。。。

絶望的に映画館で泣いたのは やはり上位の伊映画『ライフ・・・』『ニューシネマ・・・』でしょうか・・・仏の『存在の耐えられない軽さ』も泣けました。

あとアニメ映画の『風が吹くとき』
世界が真っ白になるかと思うぐらい
衝撃的でした。。。涙←思い返しても泣ける

膿能絵のピアにスト

こんにちは、Baroncia様。

何故か反感したら↑の様になってしまった!

寓話として如何に捉えるかで全く評価が変わってくる作品ですよね。降りるのが嫌なら船から下りなきゃ良いぢゃん。で終わってしまう恐れも(爆)。
因みに、日本では「海の上のピアニスト」という邦題でしたw
自分も「戦場のピアニスト」が嫌いな映画だったので、一瞬「船上のピアニスト」!?と思ってしまいましたが。

確かに、凄い片寄ったベスト30。一体どんな人たちにアンケート取ったのか!と言いたくなる結果です。

おお!
『風が吹くとき』!!
懐かしい。
デビット・ボウイのエンディングテーマが印象的でした・・・後は・・・オマケで上映していた「スノーマン」を覚えている(マテ!)。

大間違い!

何故か反感したら↑の様になってしまった!

って何だ?

何故か変換したら・・・の間違いでしたw
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]