忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「こいつ、動くぞ!」



と、云うことでお台場の実物大ガンダム。

今年は30周年記念とかで、色々な企画があるらしいが・・・

オヂサン、未だにファーストガンダム以外はガンダムだと思ってませんからw

Zは兎に角、ZZは途中で全く見なくなったし。

逆襲のシャアは、自分の中でガンダムにとどめを刺してくれたし。

一気に、シャアもガンダムも大嫌いにさせてくれたドンデモ作品だったな・・・逆襲のシャア。

ネットの知人たちの間では数年前の「シード」が凄く評判だったが・・・

少し見て、如何にも今時アニメ臭フンプンだったので、キャラやストーリーを押さえる前に生理的に拒絶してしまった。

自分の中では一年戦争のファーストガンダム以外は完全消去(爆)。

しかし、まだ続いているのか・・・ガンダムシリーズ。

で、自分の中でガンダムの最高峰と云えばこの作品。



エンディングのこの曲も作品に良くあっていたし。

中立地帯であるサイド6で新型ガンダムが運び込まれていることを知ったジオンが、そこへ特殊部隊を送り込み、ガンダム奪取作戦を展開させる。

富野氏以外の人間が始めてガンダムシリーズの監督をした作品だけあって、「でかいブリキの箱の中に入ってパンチふるって何が楽しいんだろう」とロボットアニメに疑問をもつ高山氏が監督しただけあって、主人公は非戦闘員の小学生。
 
民間人の少年・アルが、ガンダムの中では敵役に回るジオンの兵器であるザクに憧れ、バーニィを始めとする兵士たちと親交を深めていく物語。

だから当時、不当な程に高価だったOVAの中にあって、全六巻のうち一巻、二巻、と見続けて・・・ ガンダム、全然出てこないぢゃん! と、唖然とした覚えがある。

勿論、自分はレンタルで見たがw

ガンダム奪取に失敗したジオンは、コロニーごと核で破壊しようと画策。

それを知った、バーニィは一旦はサイド6を脱出しようと謀るが、核攻撃が始まる前にガンダムをしとめようと、アルの力を借りて大破したポンコツ・ザクを修理してガンダムに立ち向かう。

パイロットが淡い思いを抱いていたアルの家の隣に住むクリスだ、などとは思いも寄らずに。

バーニィが空港でサイド6を去ろうとする時に、直ぐ脇で電話で痴話喧嘩??しながらビ~ビ~泣いている女性が居たが・・・ この名無しの女性、良い味を出していた。
 
この人、助演女優賞を贈りたいくらいの好印象(爆)



↑ (5分で分かる)時間のない人のポケ戦(5)

ちょっと音声が小さいかも。

あ・・・助演女優賞の女性・・・後ろ姿しか出番がない(汗)。



終戦を聞かされて、学校で涙するアルの姿を見て泣かないヤツは人間ぢゃない(爆)。

て、流石に5~6分でまとめてあるだけあって、あのラストシーンがカットされているw

って・・・

大体、これ・・・

ファースト・ガンダムぢゃないぢゃん(爆)。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]