忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、観た映画。

一人ボケ&突っ込み、何だか久しぶりのような気がするw



レッドクリフPART2-未来への最終決戦ー

スルーする気満々でしたが、一番近くにあるシネコンが今月29日までの上映と聞いて、昨夜重い腰を上げてみてきました。

早々にPART1で客寄せパンダ的存在だった劉備軍が、蔓延する疫病を理由に同盟を破棄して撤収。

赤壁は曹操軍と孫呉のガチンコ勝負に・・・

一人、義理で残った金城孔明が唯一の劉備軍。

いぁ、もう・・・

流石!

SFファンタジー大作!!

赤壁の面白いエピソードを全部そぎ落として、延々と間延びした決戦までの流れを見せつけられます。

臭い芝居がこれでもかと続きます。

周瑜が主人公だから仕方ないものの、曹操軍ってバカばかり。

周瑜と金城孔明の策はずばずばと当たり、それに翻弄される曹操軍。

騙されて蔡瑁たちの首をはねるシーンの曹操・・・ギャグにしか見えないのですが・・・

何より、この曹操。

顔が・・・

顔が・・・・・・

アノ顔が・・・・・・・・・・

五輪で大恥をかいて、その能力を疑問視され、ファンからもそっぽを向かれながらも、財界や野球界のお爺ちゃんたちに溺愛されて未だ厳然とした力を誇示するあの監督そっくりに見えて、曹操がスクリーンに出る度に思わず苦笑していたのですが(爆)。

何より、女二人が邪魔で仕方がない。

オマイらだ!!

小喬に孫妹!!

オマイらが映画を台無しにしている。

赤壁に女性二人を無理矢理絡めた為に、面白いエピソードを全部破棄して、女性二人が活躍する展開に(汗)。

世界を席巻して大顰蹙を買っているカンフーサッカーを、まさか三國志映画で見ることになろうとは(爆)。

あっ。

でも、ヴィッキー・チャオは日本の美人女優っぽい佇まいがツボに嵌った。

顔立ちもそうだが、なにより、いつもポカーンと少し口を開いた当たりがw

前回触れたように、赤壁の戦いなんて、もしかしたら両軍布陣したままで疫病の所為で曹操軍が撤退しただけかも知れない。

そんな説もある。

史実なんて誰にも分からないが、PART1以上に三國志(演義)してませんから。

戦闘が始まるまでの見所は、金城孔明が10万本の矢を集める所くらい。

それ以降の金城孔明なんて、只のお天気お兄さんだし。

オマイ、天気予報しているだけぢゃん!

まぁ・・・三國志映画だと思わず、派手な戦闘シーンを集めた映画だと思えば、最後の戦闘シーンは十分に楽しめるのですが、それなら何年か前に上映されたコテコテのヲトコの子映画、スパルタの戦いを描いた「300」のシャープな戦闘と比べると、恐ろしいほどに見劣りします。

しかも、疫病が蔓延して撤収したはずの劉備軍が実は曹操軍を油断させる為の周瑜の策略だったなんて・・・

趙雲を先頭に張飛、関羽と戦場に舞い戻る劉備軍陣営の遣り取りでは全くそんなことないと思われ(爆)。

一緒になって、孫呉と曹操本陣に突入するので、曹操の退路での数々のエピソードは皆無です。

この疫病も不思議。

一般兵士は次々と感染するのに、曹操も小喬も平気で病人に触っても全く感染しません。

相手を見て移るとは・・・恐るべき伝染病。

意地の悪い空×ジ・Oが楽しみにしていたのは、主人公で良い格好ばかりしていた周瑜が、孔明の才に畏れをなし、幾度となく殺そうとするエピソード。

格好つけのオッサンが如何にこれを実践するか・・・と、ほくそ笑んで見ていたら・・・

一度も出てこなかった(爆)。

もう一つの、大陸お得意の人海戦術によるド派手な海上戦闘シーン。

散々、気を持たせて始まってみれば。

確かに、派手な爆発は起こるものの、意外にあっさりと終わってしまった。

へ!?

これでお終い??

確かに派手だけれど、爆発見せれば見ている側が喜ぶというものでも・・・と、思っていたら・・・

其処から始まる、突っ込みどころ満載の地上戦。

ここでも、派手に爆発します。

一面火の海です。

孫呉、魚の脂だと言ってますが、アレは完全にナパームぶちまけてます。

本陣から、敵も味方も炎に焼かれて全滅だろう。

などと、ほざいている曹操たちの前に、盾を連ねた孫呉、劉備連合軍が忽然と姿を現します。

もう、人力装甲車です。

幾ら鋼の盾といえど、あの火の海を縦断してくれば、その陰に隠れている人間は誰もが蒸し焼きになりそうなものですが、連合軍だけは無事に渡り仰せて、曹操軍本陣へと迫ります。

海を真っ二つに割ったモーゼも吃驚の奇蹟です。

もう、この時点で80万対5万が眉唾物です。

ワラワラと連合軍が曹操軍本陣に迫ります。

この数・・・きっと、旗色が悪くなって勝手に寝返った曹操軍の兵士が鎧を着替えて連合軍に混じっているに違いないw

連合軍と云っても、劉備軍は戦闘が始まるまでは金城孔明、戦闘が始まってからは趙雲。

見せ場があるのはこの二人だけです。

と云うか、戦闘シーンでは趙雲が先陣を切って単身敵陣で暴れ回るシーンが目立ちます。

格好良いです♪

嘗て体操選手から芸能界に転身した森末選手のような顔をして、劉備軍の見せ場を独り占めしています。

あんた、幾ら槍の名手でも・・・一応将軍だろうに。。。

「出過ぎだぞ!自重しろ!!」

の世界です。

劉備の見せ場は。。。敵陣に乗り込み、自陣に発射されようとする投石機を防ぐ為、綱にしがみついて宙ぶらりんになっている所です。

敵陣の真っ只中で(汗)。

一国の君主がそんな格好で無防備に宙吊りにされていたら・・・格好の餌食に合いそうですが、誰も弓矢一本放とうとはしません。

味方を守る為に身を挺する君主をそのままに見逃す・・・曹操軍は一般兵士に至るまで義侠心に富んだサムライばかりです。

あっ!だから80万5万でも惨敗するのか(爆)。

孤軍奮闘する趙雲の所に、連合軍が突入してきました。

とは云え、血路を開いて彼の元にやってきたのは、孫権と周瑜。

先陣を切ったこの三人が、並み居る敵をばったばったと切り伏せます。

ち!

ちっ!

ちょ~っと待ったぁ!!

敵陣に真っ先に切り込んでいるのが、劉備軍の将軍と孫呉の君主と、大都督って一体何だ!それ!!

しかも、趙雲と周瑜はたった二人で曹操の元へと敵兵をなぎ倒しながら迫ります。

二人とも鬼神の如き強さです。

・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

孫妹がスパイとして、知らない間に曹操軍の中に潜入できるくらいだから、そのルートを使って、最初から曹操軍80万の中に、この二人だけで切り込んだ方が無駄な犠牲者が出なくて済んだのでは?と、云う強さです。

そして、最後は連合軍の主要武将に取り囲まれた曹操。

「お前の国へ帰れ」

の周瑜の言葉で一件落着。

なんでやねん!!

イヤ。

アクションエイガトシテハ。

オモシロカッタデス。

こうしてみると、昔々、某国営放送でやっていた人形劇って、完成度か高かったんだな!

と、改めて吃驚(爆)。



グラン・トリノ

クリントイーストウッドの俳優としての最後の作品。

うん。

何故、この映画がアカデミー賞にノミネートもされなかったんだろう?

クリントイーストウッドはもういいか・・・と対象外にされたのか。

それとも、映画会社が「ベンジャミンバトン」一本に絞る為に敢えて外したのか?

「許されざる者」から始まった彼の監督作品・・・

良質な作品ばかりなのだけれど、空×ジ・Oのような社会不適応者のオヤヂの目には辛い・・・

胸にどんと来る重さが耐え難い。

劇場の右隣の席に若いアベック。その向こうに、若いお兄ちゃんと座っていた。

クライマックスですすり泣きが聞こえてきた。

アベックのオネイサンが泣いているものだと思ったら。。。

一人で観にいてきたお兄ちゃんが号泣していた。

この映画を見て泣ける君は、若い証拠かも。

40過ぎたらもう初老。

この台詞を、某嬢から言われて既に何年何年経過したことか。

オヂサンには泣ける以上に、その耐え難い重さが胸にしみます(汗)。



マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

映画も見た。

数年前に原作も読んだ。

そして知った衝撃の事実。

「世界一おバカな犬」と称されるマーリーよりも。

家の『ちょび』助の方がオバカだ(爆)。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

中国は

漢字ばかりだからキライ(-"-)
ほぅほぅ♪
こんにちは、なおこ様。

本名を検索すれば、ワラワラワラと続く出版物の数々。
しかも、それが同一人物だったとは!
そんな方に漢字嫌いと仰られても(爆)。←これ、二重敬語で文章間違っていると表示されたw

それなら、空×ジ・Oが文章を見るだけで偏頭痛が起きたり、文字が横に並んでいるをも目にするだけで、眩暈がするのも納得できるというものです♪
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]