忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write

お盆休み中は、外食にも苦労するw

横断歩道を渡ったり、地下街に降りたりしないと外食も出来ない。

・・・

・・・

・・・

我ながら、何と無精且つナマカワ者だろう。

今朝ほども、近くの川を渡って喫茶店にモーニングを摂りに行った時、何気なくふと川に目をやれば、一匹の大きな亀が、一生懸命に川を泳いでいました。

ヘドロに塗れた、汚染の激しい川です。



しかも、かなり大きな亀。

と云うか、大きな橋なので小さな亀なら普通は目にも留まらないだろうしw

亀は万年なんて言うけれど、一体何年この汚い川で生きているのだろう?と感心させられるくらいの亀。



・・・

亀は万年って・・・本当に一万年も生きているのか確認した人はいるのだろうか(爆)。

子供の頃、お祭りの夜店などで買ったミドリガメなんて・・・直ぐに死んぢゃった記憶があるのだが・・・。

こんな劣悪な環境で文句一つ云わずに懸命に生きている亀に思わず「頑張れよ」と、声の一つも掛けたくなる。

休日とは云え、出勤している人影も幾らか確認出来る、朝の橋の上・・・写真撮りながら、一人ぶつぶつ呟いている空×ジ・Oは、端から見ればかなりの不審人物に映ったことだろうが(汗)。

朝食を終えて、そのまま近所の神社に寄ってみた。

高齢者の中には亀神社と呼んでいる人もいる、小さな池がある神社である。

社務所に常駐する人もなく、今では寂れてしまった神社だが、ワラワラワラと恐ろしいほどの亀がいた。

春先に見た時は石の上に何重にも重なって亀がいたがが(勿論、池の水は汚いし、亀も皆きちゃない亀ばかりだったが)、今日は一匹も見かけなかった。

この暑さでは亀も水の中に避難しているのだろうか。

空×ジ・Oもこの暑い中、外出する気さえ失せてしまう。

朝食と昼食、それに夕方地下街の本屋さんに寄って、その帰りにパン買ったくらいで後は引き籠もり。

「ゆ~ちゅ~ぶ」にアップされていたとあるアニメを立て続けに見ている。

しかし・・・。

このアニメ、全巻DVDで揃えているのに何故わざわざ・・・

自分でも意味不明w

今朝ほど、亀を見つけたから・・・と、云うわけでもないが、本屋さんの帰りに見つけたカメ!が今宵の夕食w




↑ かめ~~~~のパン。



↑ いか~~~~のパン。



↑ タコ~~~のパン。

一体・・・年、幾つだ・・・空×ジ・O・・・

しかも、あまり美味しくなかったし(爆)。

よくこの食生活をしておいて、人様に「暑いからと云ってガリガリ君ばかり食べていては身体に良くない」などと他人の食生活にしたり顔で説教出来るものだw

因みに、昨日観に行った映画「スカイ・クロラ」のパンフに「永遠に子供のままで大人にならないキルドレの『キルドレ度チェック』と、云うモノがあった。

やってみたら、キルドレ度100%と出た。

そりゃまぁ、普段から空×ジ・Oは自分のことを「どっぷりオッサンに浸かった割りに中身は子供のまま」とか言ってますよ、自分で。

でも、自分で言うのは良いが、こんなアバウトな占いに言われたくはない。

卓袱台引っ繰り返すぞ!!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

空×ジ・O自身は全然興味もないし、行ったこともないのですが、夏コミなるイベントが今日までだった様子。

某S嬢が参加していた模様。お疲れ様です♪

アノ我が弟の友人F氏も大きな病気の手術を受けて間もないのに一家総出で出かけた様子。

奥さんが大手と言われる、相当に有名な作家さんらしいが・・・ペンネームや出版しているものは意地でも旦那さんには知らせていないらしい。

当日も、旦那さんは会場近くのホテルで別れて子供さんを連れて東京観光が恒例だと聞くが・・・それだけで何となくどんなものを手がけているか想像が付く自分は、ちょっと彼方側に寄ってしまっているのだろうか(汗)。

「スカイ・クロラ」の作者も比較的近い世代で、このような催しなど全く皆無だった頃から家の田舎での基盤を作り上げたことで有名だった人らしい。

で、彼方の世界から足を洗って某国立大学の助教授を経て作家デビュー。

自分たちと同年代で十年以上前から家の田舎で一番有名な大学の助教授になったのだから、恐ろしく頭は良かったのだろうが・・・何故か、会ったこともない、全く知らない人なのに、不思議と身近なカホリが漂ってくると思ったら・・・。

弟やF氏のニホイだったのか(爆)。

この二人も、学生時代は彼方の世界の住人だった(小声)。

ヲタクもマニアの名前すらなかった時代に、アニメ好きが次第に集まって色々な活動を始めたばかりの時代。

弟はアノカオで驚くほど絵が上手かった(今は知らないが)。

高校の時はセル画描きのバイトをしていた。

アノおっかない顔で。

見かけによらず緻密で繊細な絵を描いていた。

アノ、スキンヘッドで。

うん?

若い頃は・・・髪があったような気もするが・・・

少し前に、F氏とそんな頃の話をしていた時のこと。

まだ、同人誌など存在せず、設定資料集なども世に出回っていなかった二人の学生時代、家の田舎のテレビ局がキー局だったこともあって、直接局に掛け合って「機動戦士ガンダム」の設定資料集を譲って貰い、それをコピーして仲間内で分けたらしい。

「仲間内で分けたのだから、コピー代と手間賃だけだったけれど、当時としては珍しかったので、物凄く数が出たから美味しかったですよ」

と、F氏が言っていた。

スマン・・・。

未だ、そんなもの何処の店にも置いてなかった当時、とある大型店舗で空×ジ・Oは「機動戦士ガンダム」の設定資料集を見つけた。

見るからに安物っぽい紙にホチキスで留めただけの胡散臭そうな代物だったが、欲しかった。

値段を見たら、想像も出来ないほどに高価だった。

不当な価格。

冗談のような値段設定。

それでも無理して買ってしまった・・・勢いで。

買った後、財布の中身を見て激しく後悔した。

あの時の事の発端はオマイらだったのか・・・

オノレ・・・弟め・・・

やはり、卓袱台の一つも引っ繰り返してやろうw

しかし、一体何処でそんなに中間搾取を受けるとあんな値段になるのか(爆)。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

個人的にはな

オレは局へ着いて行って資料もらってコピーはしたが販売の話は全く知らんぞ(汗

あの頃アヤツ金廻りが良かったのはあの資料闇流ししとったんかいなぁ。
知らんかったがや。

セル画のバイトは本当に儲からんかったな。
もうすっかり忘れていました。

ほほぉ~

こんにちは、sakae様。

ほほぉ~。
散らばったコピーが何時の間にやら書店の店頭に・・・と思っていたら、まさか(爆)!
探してみたら、三分の一くらい破れたり千切れたりくちゃくちゃになったりしていましたが、未だ押し入れの中に入ってました<資料集。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]