忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日のこれくらいの時間だったか・・・外が妙に騒がしかった。

救急車が来たりパトカーが来たり、何事だろうと思ったが、自分の住んでいるオンボロ集合住宅は高齢者ばかりが住んでいる、救急車がエレベーターホール脇である我が家の前に横付けされることなど珍しくもない。

自分の住んでいるビルの前に救急車が止まった様子もなかったので、逸る野次馬根性を押さえて様子を見に行くこともなかった。

元々が基本引き籠もりだし(爆)。

今朝ほど、鉢植えの剪定をしていたら直ぐ横でビルの外壁工事関係のカードマンのオヂサンと、近所の飲食店の大将(正に大将と表現するのがピッタリなヒト)が立ち話をしていた。

どうやら、昨日の騒動についてらしかった。

隣のビルから人が飛び降りたらしい。

しかも発作的に。

隣のビルに入っている会社に商談に来ていた人が、其の最中にいきなり窓を開け、其処から飛び降りたらしい。

其の大将曰く「店をやっているから、自分のお客さんだと大変。こう云う事があると直ぐに見に行かないと」。

飛び降りた人は知らなかったらしいが(見たのか!?)、飛び降りた人の帰りが遅いからと様子を見に来た同僚は知っていた様子で、普段と何の変わりもなく会社を出て行ったのに・・・と、何時までも呆然と現場に立ち尽くすのみで、見ていて声も掛けられない状態だったらしい。

・・・見に行けば良かった(コラコラコラ!)・・・

って、実際に現場を見たら頁で取り上げるどころか暫くものも食べられない状態だったかも。

しかし、同僚もショックだったろうが、商談相手の会社の人はもっとショックだったろうに。

飛び降りた人の年代や性別、商談でどんな会話の遣り取りをしていたかは知らないが。

世の企業戦士たちはそんなギリギリの状態で毎日を送っているのかと思うと、社会不適応者を自称して日々のんべんだらりと過ごしている自分は何だか世間様に対して申し訳ない気分になってくる。

そして、大将が一言付け加えた。

「以前は、このビルが飛び降り自殺の名所だったんだが」

そう言って、自分の方を指さした。

やめてくれぇぇぇ!!!

ちゃんと知っている。

このビルは、今時のマンションのような防犯設備も完備していない。

外部から誰でもビル内に入って自由自在に徘徊出来る。

入れないのは個人の専有部分である居住区のみ。

エレベーターだろうが階段だろうが、各階の廊下だろうが11階に当たる屋上(管理組合事務室と共同の物干し場と以前は公園が設置してあった。今では公園は撤去されている)だろが、地下だろうがビルの共有部分は外部の人たちの侵入を制限するようにはなっていない。

自分が此処に引っ越した頃は、上の階の住人の息子が屋上や地下駐車場に続く階段ホール(防火の意味で頑丈な鉄の扉で各階遮断されているので音などが外に漏れない)に近所の若者たちと屯して夜な夜なシンナーを吸っていた。

ビルの住人のみならず、外部からの人も簡単にエレベーターで屋上まで上がる事が出来る為、飛び降りたい人がこぞってこのビルを訪れた。

そうでなくても駅から歩いて10分ほど、その気になっている人が駅まで来て周囲を徘徊し「あっ!此処、屋上に簡単に登れる」とフラフラやって来て・・・(汗)。

あまりに人が飛び降りるので、ビル側は簡単に乗り越えられないようなフェンスを屋上に設けた。

それ以来、飛び降りる人はなくなった(と、思う・・・自分が知らないだけかもしれないが)。

少なくとも、自分が此処に引っ越して20年。各部屋でもしかして自殺?との噂が立った事は数回あるが、飛び降りた人は聞かない。

このビルで飛び降りがなくなったと思ったら、数十メートル離れた幹線道路沿いに新しく立ったビルから人が飛び降りるようになり、現在其のビルは外に付いていた非常階段を閉鎖した。

うん・・・。

土地の相とか因縁とか・・・。

そう云ったものがあるのか如何かは知らないが・・・よく考えたら、とんでもない所に住んでいるような気が(爆)。

と云うことで、気分を変えて。

何だか、猫ファンが多い此の頁の訪問者。

昨日に続いて猫(爆)。

動画だけれど・・・画像はあまり良くないので昨日はアップしなかったw




犬派の自分としては悔しいが、確かに犬ではこれほどの豊かな表情や仕草は無理かも知れない。

何より身体のしなやかさは絶対に無理。

でも、一昨日訪れたオバアサンの家。

以前も取り上げた捨て猫のランちゃん。



オバアサンに拾われてすくすく大きくなったが・・・

前の日の夜は何が気に入らなかったのか、寝ているオバアサンに襲いかかり引っ掻いたり噛み付いたり。

怖くて布団を被って一晩過ごしたらしい。

やはり、猫も怖い(爆)。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

たしかに

昔はよく飛びおり取ったよな。
ウチの反対側の酒屋とかよくデッキブラシでこすっとったもんな。

確か最後は髪の長い女が飛び降りたのに電線に引っ掛かって大腿骨骨折ですんじまってから飛び降りが無くなったんと違ったか?

夕刊に載ってからだったかな。

知らない。

こんにちは、sakae様。

知らない。<デッキブラシでこすっとった&大腿骨骨折ですんじまってから飛び降りが無くなった。

今、表通りは電線などは地中に埋められてありませんが、飛び降りの話も聞きませんw
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]