忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一昨日、会計士から電話が入ったので、昨日、平成19年分の書類を持って先方を訪問した。

申告時には、個人的に御世話になっている会計士。

事務所を通して依頼すると、ほぼ空×ジ・Oの一月分の売り上げが年間必要になるし(爆)。

単に空×ジ・Oの売り上げが少なすぎるだけ、と云うのが実情であるが。

嗚呼。

昨年はこの時期に、かの事務所からの帰り道、にゃ~ごや駅前の地下街を徘徊して、地下街の階段で転びかけたうら若き女性を救ったと云う、大凡空×ジ・Oには相応しくない行動を取った。

その御陰で、ほぼ白に近いベージュのブルゾンの胸元にくっきりと心霊写真宜しく、女性の顔が映ったまま、それに気付かずに延々と駅前の雑踏を闊歩し続けていた愉快な思い出が・・・。

勿論、本人が気付いた後は全然愉快ではなかったが。

あれからもう一年も経過したのか、と、思わず感慨に耽ってしまう。

地下鉄を降りて地上に出ると、其処はお城の直ぐ近く。

県庁や市役所と云った洒落た建築物が並び、電柱などの目障りな障害物は一切無く、ゆとりを持って並ぶ建物の間にふんだんに緑が植えられている。

風は幾分冷たいものの、日射しは飽くまで穏やかである。

地下鉄の出入り口脇では「いらっじゃいばぜ~」と連呼する、障害を持った男性が自分たちの作ったパンを売っている光景も例年と全く変わらない。

木漏れ日の射す歩道を往復するだけで、何となく満ち足りた気分になってくる。

引き籠もってばかり居ないで、たまには外を歩いた方がよいかな?などとも思う。

県庁やお城の側の地下鉄から一区、其処で乗り換えて二区の駅が空×ジ・Oの住まいから徒歩2~3分の最寄り駅。

此の最寄り駅路線は比較的新しい路線で電車も綺麗なら、道路一本隔てて走っている最もにゃ~ごやで基幹となる地下鉄の路線と比べて、恐ろしいほどに空いている。

個人的には大変便利で好ましいのだが・・・空いている分・・・本数が少ない。

帰る時に、乗換駅で下りエスカレーターに乗る空×ジ・O。

乗り換える地下鉄は恐ろしいほどに深い為、エスカレーターも長い。

延々とエスカレーターに乗っていると、電車がホームに入るアナウンスが流れてきた。

自分がエスカレーターに乗った頃には右側から大勢の人が上りエスカレーターに乗り込んできたので、今度ホームに付くのは、向かって左側、自分の乗りたい方面に向かう電車であろう。

エスカレーターはに立っている人たちは、皆左側に位置している。

因みに、これは東京の作法??大阪では人は右側に立つのが礼儀らしい・・・が・・・。

以前、名古屋のローカルTVで名古屋は左・大阪は右、どちらに立つのが本当は正しいのか?と云うしょ~もない特集をしていた。

大阪では、アナウンスでも「急いでいる人の為に右側に立って、左を開けて下さい」と、言うらしい。

大阪の人たちは名古屋が間違っている!と、TVでは言っていたが・・・。

名古屋ではアナウンスで、「危険ですからエレベーター内では駆けないで下さい」とか「混雑時には二列になって並んで使用して下さい」と、左右関係なく、動くな!空けるな!と、指導している。

名古屋でエレベーターの左に立ち右側を空ける。と云うのは、市民レベルで自然発生的に定着したもの。

安全の為、エレベーター内では移動しないようにとか、片側を空けないようにとか、幾らお上が指導しても誰も守らない。

きっと、大阪のようにお上がエレベーターの片側を空けろ・・・と指導していたら、もしかしたら定着しなかったかも(爆)。

で、ホームに地下鉄が入って来た。

それに乗ろうと空×ジ・Oは空いている右側に移動し駆け下りようとする。

が、数段下がった時点ででで~~~んと、行く手を塞ぐ大きな荷物。

一人のお婆さんが、デカイ荷物を右側において知らん顔をしている。

その時点で、エレベーターは三分の一ほど距離的に残っている。

もう無理だ・・・諦めよう。

「荷物を退かしてくれ」とは口に出来ないシャイで小心な空×ジ・O。

そのままその場に立ちつくしたが・・・。

乗換駅だけあって、停車時間がちょっぴり長かった。

エレベーターを降りて地下鉄の扉は開いている。

乗り込もう♪

と、掛けだした空×ジ・Oの目の前で、無情にも扉は閉まった。

こうなると、ちょっと恥ずかしいので「別に無理して此の電車に乗る必要もないもんね♪へっ」と余裕をかました顔で悠然と構えていたら・・・。

どーーーん!

後ろから誰かがぶつかってきた。

良く見れば、先程空×ジ・Oの行く手を荷物で塞いでいた婆さん。

勝手にぶつかってきた癖に、まるで空×ジ・Oが邪魔して電車に乗れなかったかのように小声でブツブツ文句を言っている。

感じが悪いので、此方も何ら声を掛けることもなく、ホームを移動して別の場所で延々と次の列車を待っていた。

次の電車が来て扉が開く。

県庁や役所方面に行く路線ホームへの直通エレベーターが設置してある場所に最も近い扉だった所為か、降りてくる人が多かった。

脇に避けて、人並みを避ける空×ジ・O。

発車のベルが鳴り始めたが、まだ降りてくり人は絶えない。

漸く、降りきった様子なので一歩二歩と足を進めようとした空×ジ・Oの後ろから、突入してくる人影があった。

・・・さっきのババアだ・・・何時の間に・・・。

一応、偽善的良い人を演じる空×ジ・O。

大荷物の御老体に道を譲り、先に電車内に入れたら、先程とは打って変わって「ああ、有り難うお兄ちゃん」とか乗り込んで此方を向き丁寧に声を掛けてくる。

最初からの印象とは違って、感じの悪いお婆さんではなさそう。と、空×ジ・Oもその場で「いえいえ」などと軽く会釈をする。

と、その瞬間!

目を上げた空×ジ・Oの瞳に映った居たお婆さんのシルエットを遮断する銀色の壁が出現した。

「へっ!?」

唖然とする空×ジ・Oを尻目に、けたたましい発射ベルと共に扉は閉まり、電車は出て行く。

なんでやねん!!!!

別に急いでいる訳でも、時間に追われている訳でもなかったが、何となく腹立つなぁ・・・。

ホームでは安全確認の為駅員さんが目を光らせているのに、何でこんな事に・・・。

って、今になってよく考えたらあの時の空×ジ・Oは、もしかしたら知人の高齢者を見送りに来た人状態?

引き籠もりの空×ジ・Oが、珍しく外出して、しかも此の季節に稀な穏やかな中、満ち足りた気分で帰途に付いたと云うのに、そんな気分は吹っ飛んでしまった。

本当に満ち足りた気分が浸透していたら、地下鉄に一本乗り遅れたくらいで精神に波風は立たないのだろうが。

そんな気分に浸っていただけで、何気に上辺だけっぽかったw

て、一本ぢゃない二本乗り遅れたんだ。

しかし、彼処の事務所に行く時に限って、後姿はオネイサン前から見れば還暦過ぎの派手なお婆さんのピンヒールで足の甲に強制的ツボ療法を受けたり、ブルゾンに顔写したままの状態で人混みの中を平気で歩き回ったり・・・何故、こうも色々とあるのだろう・・・。

嗚呼、もう一回・・・来週足を運ばないといけないんだ・・・。

もうネタはいらない・・・と云う気分(笑)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

結構前からそうだったが、ここ数日は余程注意して「U」を打たないと全く表示されない。

ずっと使っていたキーボードもいよいよ駄目か・・・何度も埃や煙草の灰や、珈琲の被害にあったり、手刀や拳を振り下ろしていたからな(爆)。

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]