忍者ブログ

課題が見出される底辺

言いたい放題! 遣りたい放題! 上を見上げりゃきりがない、下を見たなら後がない。

HOME Admin Write



何時だったか、某国営放送が映画料金のことに関して取り上げていた。

別に、気にも留めず聞き流していたが・・・先日、ネットでこの件が話題になり、他の国との料金比較が出ていた。

映画入場料金

アメリカ:800円
フランス:700円
日本  :1800円

知らなければ、気にもならなかったのに知ってしまったら・・・。

目茶目茶高いぢゃないか!

日本の映画料金!!

倍以上かよ(爆)。

大体、休日の夜は友達の居ない空×ジ・Oは間違いなく近所の映画館の何処かに行っている。

映画は絶対に試写会などには行かない派だ。

クソ映画!

とか。

バカ映画!!

と、ネタにしてけちょんけちょんに貶すのも料金の内(爆)だと思っているから、ちゃんと1800円払って観に行く。

この値段の差を目の当たりにしたら・・・やってられるか! と云う気分。

元々、好きだしネタ探しにオバカ映画などは好んで観に行くが、最近はネタにも出来ない映画が多すぎるし。

勿論、払った料金は映画館の儲けではなく、配給会社とか制作会社に搾取される比率が他国よりも大きいのだろうが・・・。

家の近所に新しくできた、清潔で画面が見やすくて音響効果抜群のあのシネコンや、全席革張りの贅沢なあ~んなシネコンと、昔ながらの前に人が座るだけでスクリーンが見えなくなる、姿勢を変えるだけでイスがギシギシ音を立てるあの映画館とが同じ値段・・・よく考えたら、それはないだろう(爆)。

何より、長すぎる本編前のCM時間!

映画の予告なら楽しめるのだが、何でお客が金を払って無理矢理CMを見せ付けられないといけないのか?

そして、何より見ていて不愉快なのが、例の『海賊版撲滅キャンペーン』のCM。

あれは、不正行為を見付けたら警察に通報しますって・・・お金出して見に来た人に対して凄く失礼なCMだ。

最初は、オネイサンが黒い涙を流して「映画が汚される」とか「思い出が汚される」とか言っていたが、こんなCM創る奴等はきっと、ろくな映画を創れないだろうから、文句言う前にまともな映画を創れ!と言いたい。

まぁ、安く観に行こうにもレディスデーだとか、夫婦50%割引だとか、シルバー割引きに高校生なら3人以上は云々・・・全部、空×ジ・Oはカスリもしないんですが・・・。

精々レイトショーくらいかw

勿論、1800円払って惜しくない映画なら文句を言わないけれど・・・映画館に行って上映時間で映画を決めることもある空×ジ・O・・・たまにとんでもない目に遭うことがある。

観に行っちまいますた(爆)。

只今、大ヒット中の映画・・・『恋空』・・・。

映画は凄いヒットだし、泣ける泣けると云う評判だし(その割に、自分の周囲では皆相手にしていない映画だったが)、今年最も売れた本らしい。

周囲は若いオネイサンばかり。

年齢層と云い、オネイサンたちの格好と云い、空×ジ・Oは身の置き所がない嫌な気分だったが・・・それ以上に、映画の内容に関して不吉な予感がする・・・。

おわ!

もう・・・何?これ??

の世界。

スクナクトモ マットウナ ヲトナガ ツクッタ エイガ ダトハ トウテイ オモエマセン。

エンドクレジットで出てきた原作者と主人公が同じ名前だったので「ええっ!これってもしかして実話を基にしているの!!」と云うのが、最も衝撃的なオチだった。

もう、完全に空×ジ・Oは若者の感性についていけないことだけは、しっかりと認識して帰ってきた。

で、後にどんな映画でも可能な限り観るという、奇特な知人に聞いた話では、あのグダグダ映画は、かなり原作よりもまともな仕上がりだとか。

あの映画よりグダグダな原作・・・却って、興味が湧いてしまう。

で、調べたら原作は携帯小説。

最近、流行りらしいが・・・何だ?携帯小説って??

少し前に、KD社が主催した大賞を受賞した作品が、ゲームの丸パクリだった。と、話題になったが、空×ジ・Oは携帯小説自体全然良く分からない。

此処は新人編集者様に聞きたい所だが、残念ながら昨日で仕事納め。

今頃は豪遊の真っ最中だろう。

空×ジ・Oは携帯小説処か、ラノベと普通の小説の区別もつかない。

只、言えることは・・・

文壇界のデンジャラス・ウイルスとの名を冠する某Y●shiよりも破壊力がありそうだ・・・この原作。

しかし、この本が今年、最も売れたって・・・。

ニーズに応えた商品を作るのは基本ではあるが、そればかりだと婦女子御用達雑誌に姿を変えた某週刊誌「少年J」のようになってしまう気が・・・。

でも一度読んでみようか(爆)<恋空。

活字大嫌い人間の空×ジ・Oでも読めそうな雰囲気だw

と・・・思ったら・・・今日の昼食時に読んだ雑誌に、この作品も盗作疑惑が持ち上がっている・・・。

何でもありの世界だな・・・携帯小説。

それ以上に、編集者たちは一体何をやっているのだろう??

取り敢えず・・・。

必ず映画上映前にスクリーンに映し出される「携帯電話の使用は禁止」の文言。

空×ジ・O的には携帯小説の映画化は禁止です!

と、声を大にして言いたい気分(爆)。

集客力は此方の方があるのだから、これからも次々と映画化されるのだろうが・・・。

あまり、こんな毒ばかり吐いていると、またしても「暴言はいけません。はい」などと、窘められる恐れがあるのでw

「クレヨンしんちゃん」のDVDでも観て、恋空のことは綺麗サッパリ忘れよう(殴)。

そう云えば、あの「鬼ごっこ」も公開前から物凄く宣伝されているし。

最初から分かっている分には観に行かない♪

もう完全に文化としては育たないな、邦画。

元々、大衆娯楽だから文化を求める方が間違っているのかも。

嗚呼。

冗談のような予算を掛けた洋画と、せこく創った邦画が同一料金というのも・・・(爆)。

取り敢えず、明日からは正月休みw

明日の夜は「魍魎の匣」でも観に行こう。

て・・・魍魎と云う字。

魑魅魍魎とかもそうだが、読めるけれど書けない(爆)。

薔薇や憂鬱みたいなものか?

魍魎の正体(大間違)。




拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

こんばんは

映画、高いよ~。
私は、もっぱらレイトショウ専門です(爆)
レディスデーは混んでるし。

↓信号ぐらい渡りましょうよ~(笑)


みんなで渡れば♪ でも一人w

こんにちは、りか様。

レディスデーは確かに混んでいますね。
それ以上に、幾ら見知らぬ人とは云え、周囲に女性がワラワラ居るとオヂサンとしては気が落ち着きませんw

距離的にも時間的にも大差はないんですが・・・何となく、気分的に遠くへ行くような気がします(爆)。
手近な所で何でも揃う環境にどっぷり浸っているからでしょうか?
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Profile
HN:
空×ジ・O
性別:
男性
職業:
おやぢ
趣味:
昼寝
自己紹介:
引き籠もりオヤヂです。

Counter

Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

KaleidoRound

Othello
Bookmark
お立ち寄り下さい。
御世話になっています♪『ちょび』助の頁だけは御世話してやってるんですが(爆)。
Recent Comment
[02/15 sakae]
[04/28 sakae]
[02/17 新人営業]
[02/12 おちゃ]
[02/11 sakae]
[12/08 sakae]
[11/08 sakae]
[10/16 ピンクラパン]
[10/11 sakae]
[10/02 sakae]

Recent Entry
(03/23)
(01/06)
(01/02)
(03/25)
(01/28)

Search
ブログ内検索

Ber Code
Copyright ©  -- 課題が見出される底辺 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]